FC2ブログ

爪噛み男 

最近電車の中で爪を噛んでいる人をよくみかけます。女性は爪をきれいアートしたりしているから、さすがに噛んだりしないようですが、若い男性に多いです。うつろな目をして爪を噛んでいる姿はちょっとぞっとします。

子どもが爪を噛むのは欲求不満だとか言われていましたが、どうなんでしょう、若い男性は。
スポンサーサイト



拝む 

あるお坊さんが「ありがたいから拝むのではない、拝むからありがたいのだ」とおっしゃっていました。

拝むというのは気持ちを対象に向けることで自分のことを考えなくすることだと思います。自分を空っぽにすれば、仏の慈悲が感じられるようになるということなのでしょうか。

雀と鳩 

お天気のいい日、お寺めぐりをして境内でひと休み。すると雀が何羽か寄ってきました。ビーズのような目をしてチュクチュク飛び跳ねていてとてもかわいい小雀です。えさをもらい慣れているのか、ごく近くまでやってきます。持っていたパンをあげようかなと思ってバッグをごそごそやっていたら鳩まで寄ってきました。

鳩は苦手なので、しばらくして鳩がいなくなってから雀にパンを投げたら、どこかで見ていたのか鳩がさっと飛んできて、パンをくわえた小雀を追いかけます。小雀は敏捷でさっと逃げました。鳩は私のほうを振り返ってこちらにやってきます。「何で雀にあげて自分にはくれないのか」と言っているような気がして、襲われるのではないかと怖くなりその場を離れました。

でも後で考えると鳩がそんな恨みの感情を抱くはずはありません。くれなかった人を恨んだりするのは人間特有の感情です。

揺れる木 

朝からさわやかな天気。風はかなりあって窓から見える木の枝が揺れいています。よく見ると木の幹も揺れています。直径10センチほどのしっかりした幹なので、今まで枝だけ動いていると思っていました。全身でしなって風をかわしていたんですね。

「しなっていれば倒れないんだよ」と言われた気がしました。

お金持ち 

老舗百貨店の裏を歩いていたら、そこは得意客の入口で、高級車に乗った人が次々降り立っています。ホテルのドアマンのような格好をした係員が数人、最敬礼をしてうやうやしく迎えています。

車から降りてくる人は王侯貴族になったような気分なのでしょう。しゃきっと背を伸ばして誇らしげです。「あれだけ丁重に扱われたら偉くなったような気がして気分いいんだろうな」とひがみ根性で思いました。

今の世、王侯貴族にはなれなくてもお金があればいい気分にさせてもらえます。だから皆お金たくさん得ようとするんだなと思いました。